専門の消化器内科疾患から一般的な内科疾患まで幅広く対応します

生活習慣病・循環器内科の診療

加藤内科は開設して50年以上がたち、2003年からは動脈硬化の予防を命題として加藤内科みなとクリニックを開設しました。さらに2015年11月には現在の新クリニックに移転し、1年かけてその内容を充実させてまいりました。古くて新しい命題は、生活習慣の改善です。
そして、その方法は、

  • 1.心臓リハビリテーション
  • 2.通所・訪問リハビリテーション
  • 3.栄養バランスのチェック、過度栄養の適正化

です。

一般的な内科疾患はもちろん、高血圧症、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病や心臓病や動脈硬化症などの循環器疾患まで幅広く診療しておりますので、些細なことでも気になることや不安があれば、何でもお気軽にご相談下さい。

誠実で丁寧な対応と、わかりやすい説明で納得して治療を受けて頂けるように、スタッフ一同取り組んでまいります。

尚、当院では患者さんの御負担を考慮し、院内処方でお薬をお渡ししています。

院長のつぶやき部屋

一覧
~血圧の薬を減らせる人、減らせない人~ どちらが幸せ?
 血圧の薬をやめたいと来院される方が時々来られます。  生活習慣の改善、つまり減量、減塩、運動がすでにできている高血圧の方(生活習慣いいね組)は、達成程度によりますが、お薬を減らすのは難しいでしょう。一方、いらいらストレス過食、楽しいランチ・宴会過食、運動不足で体重がオーバーになっている高血圧の方(お薬よろしく組)は、今まで数種類の血圧の薬を飲んでおられた場合、生活習慣の改善努力をすれば、少 ...

続きを読む

お役立ち情報

一覧
延命治療
延命治療 延命治療は拒否、、、その時その時において何が延命治療なのか、延命治療ということの意味、捉え方の難しさを実感しました。 身内の治療において、   何をどこまでするのか?   何をしないのか? いくつもの選択肢があり、ひとつを選択したからと言って終わりではなく、また次の選択が出てくることもあります。 あるひとつの治療方法を、延命治療なのか?   今の苦痛を抑えるために大事な ...

続きを読む

新クリニックからのメッセージ

なぜ、いま、リハビリテーションなのか?
~『笑顔の山分け』を楽しんでほしいのです~

心臓リハビリテーション

心筋梗塞や狭心症、バイパス手術・冠動脈ステント術を起こしてしまった方はこれまでどうしてきたでしょうか?心臓が悪いからあまり運動しないで安静にしてるほうがいいのでしょうか?つい最近まで私の先輩も含めてそのように考えてきました。しかし、それが間違っていたのです。反対だったのです。運動した方が心臓は丈夫になるということがわかってきたのです。正しく心肺機能を把握するために、心臓を鍛えるけれども無理のないの運動量を決める器械があるのです。
心肺運動負荷試験:CPX といいます。アスリートがマスクをして自転車にまたがっているあれです。心電図をつけながら、吐く息を器械が瞬時にガス分析してくれるのです。その器械の結果から、安全でありながら心臓が丈夫になる運動量を決めれることができるのです。
このような心臓リハビリは、堺市内のいくつかの病院で行われていますが、患者さんの通院が大変なのです。このリハビリは一生続けることが大事なので、クリニックの外来で行うのが理想です。身近な場所で容易に通院できる施設で行うことは継続性を担保してくれます。

通所リハビリ

日常診療で抑うつ傾向の独居の方がデイケアに行くと目を輝かせるようになったり、寝たきりになりかけた老婦人が通所リハに行くことで、急にしっかり歩きだすなど、リハビリの効果は絶大です。最近、思います・・・・・介護支援を受けている患者さんたちが自分たちへの医療費増加を心苦しく思うことが目指すべき医療でしょうか?リハビリをきちんとして、天国に逝く直前まで自分のことはできるだけ自分でする事こそがその方の尊厳です。それが第一です。健康寿命を延ばせば、忙しい家族への介護負担を減らすことができ、内服薬が減らすことができ、日本の医療費を減らすことにつながるかもしれません。人口減少社会です。「私は生きていても仕方がない、意味がない」ではなく、『笑顔の山分け』で患者さんもスタッフも楽しくしていると、日本の将来、まんざらでもないなと思っています。

生活習慣の改善

以前から申し上げている通り、長年の習慣の改善は、薬を出すだけではご利益はごくわずかです。動脈硬化の上流に高血圧症、糖尿病、脂質異常症、喫煙、肥満。さらにその上流に生活習慣という問題があります。患者さんの考え・人生観、嗜好へのこだわり、仕事に対する考え・ストレス等で長年かけて形づくられてきた生活習慣は、よほどの出来事がない限り軌道修正するのは困難です。月に一度の10分足らずの診療だけで改善できるものではありません。

そこで、運動指導のプロ=理学療法士、栄養のプロ=管理栄養士を新しい仲間に迎え、生活習慣の改善にさらに力を入れることを決意いたしました。

加藤内科みなとクリニックのご紹介

専門医による高度な診療

総合内科専門医・循環器専門医が幅広く診療

かかりつけ医として、高血圧や糖尿病などの生活習慣病や心臓病、動脈硬化などの循環器疾患をはじめとした内科全般について幅広く診療いたします。

より高度な検査が必要な場合は、適切な専門医療機関へご紹介させて頂きますのでご安心ください。

心臓リハビリテーションで運動リハ

心臓リハビリテーションを行っています

心筋梗塞など心臓病の患者さまのリハビリはもちろん、生涯を最期まで元気に楽しく生活していただくための運動機能維持・向上にも有効です。

個々の患者さまの身体機能に合わせて無理なくリハビリを行うことができます。

漢方薬治療に積極的な内科です

漢方薬治療も積極的に行っています

西洋医学にこだわらず、漢方薬も積極的に取り入れ、漢方による様々な不快な症状の緩和に取り組んでいます。

冷え症、めまい、むくみ、肩こり、排尿障害などといった症状に良く効きます。

高齢者の転倒防止や車いすの方に

バリアフリーで車イスのまま入れます。

院内は全てバリアフリーでゆったりとスペースをとっておりますので、車イスのまま診察室まで入っていただけます。

駐車場にも身障者用専用スペースを1台分確保しておりますので、安心してご来院ください。

ページトップへ戻る